ありがとうございました

大分遅くなってしまいましたが、展示『there.』が無事終了しました。ご来場頂いた方々、ありがとうございました。
人にお見せするのは大切ですね。期間中は数人の方に直接作品について感想も聞けて、煮詰まってた空気が外に抜けた感覚でした。実は春になるまでここ半年ほどやる気と自信を(勝手に)若干(うそ。かなり)失ってたので、展示という身近な目標によって描いたり準備したりで再び我に帰った感じでした。
日々の生活に流されがちだけど、焦ってばかりで描かないのが一番良くなかったなあと。

絵って完成して人に見せるまで、絵と私の1対1で長いことつきあって行くので、これでいいんだろうかの連続です。どちらかと言うと私は作品完成図をしっかり頭に浮かべてから描くので、ちゃんと完成図になるのかと、途中ちょっとでも不安要素ができた場合、しばし休憩して描くというパターンは私の場合反ってストレスなのが分かったので、悩む前に腕を動かす!なんて必死で描いてると完成してたりして。あれ?もしかして私ってば描くの速い?なんて思うこともしばしば。実際は・・・どうなんだろう。遅くはなさそう?ですが。
まあ、いずれにせよ時間でなく質ですね。精進したいものです。
独りよがりでなく、それでいて自由で、誰かの心に残るそんな作品を描いていきたいです。こざっぱりした目標だけど、ほんとに。
さーがんばろ。
梅雨明けはまだかな。でっかい花火見たいです。ではまた!